ドラム科 講師

drums
ホーム > レッスン講師一覧 > ドラム科講師一覧 > 奥平真吾プロフィール
ジャズドラム科レッスン講師 奥平真吾のプロフィール写真@新宿ピットイン
ジャズドラム科レッスン講師 奥平真吾のライブ@新宿ピットイン
奥平 真吾
Okudaira Shingo
  • Twitter - Black Circle

1966年、東京都出身。3才の時に音楽好きな両親よりドラムセットをプレゼントされ、クラシック、ジャズ、アフリカンビートを教わる。1971年に両親の仕事によりケニア共和国のナイロビに移り住み、1974年に帰国するまで幼年期をナイロビで過ごす。

帰国後はジミー竹内(Ds)に師事。1975年、僅か9才の時にジャズクラブのセッションにおいてドラミングを披露、少年天才ドラマーとして全国版のニュース番組に報道され一躍時の人となる。1977年に初リサイタルを赤坂TBS ホールで催し、1978年、11才の時にデビュー・アルバム「処女航海」をリリースする。

中学生の時に本多俊之(As)に誘われて、本多俊之バーニング・ウエーブに参加。以後、高校在学中においても、数々のセッションやレコーディングに参加している。法政大学在学中は益田幹夫(Pf)カルテット、辛島文雄(Pf)トリオに参加し、本格的なジャズ活動を始め、ピュアなジャズドラマーとして不動の人気を得る。

大学卒業後の1991年、24才の時に更なる飛躍を求めてニューヨークに移り住む。そのニューヨークでは、多くのミュージシャンから信頼され、かつてのマイルス・デヴィス(Tp)のメンバーであった、カルロス・ガーネット(Sax)のレギュラードラマーとして起用される。 19年のニューヨーク生活において、ベテランといわれるミュージシャンから、中堅や同年代のミュージシャン達との交流は数多く、その活動の数は数え切れない程である。 その主だったところでは、カルロス・ガーネット(Sax)、ケニー・ギャレット(Sax)、ディヴ・バレンタイン(Fl)、スティーブ・スレイグル(Sax)、マーク・グロス(Sax)、ティム・アマコスト(Sax)、ドン・フリードマン(Pf)、 デューク・ジョーダン(Pf)、シェリル・ベイリー(Gtr)等々。これまで、奥平真吾のニューヨーク・ユニットとして上述のミュージシャンと日本国内のツアーも何度か行っている。 2010 年 7 月に日本へ帰国、これを機に奥平真吾 The Force のメンバーを再編し、先鋭的なバンドとして活動を始める。

リーダー・アルバムは 1978 年「処女航海」、1995 年「キリフィ」、1996 年「マコンデ」、 1998 年「アリセマ」、2009 年「ザ・フォース」、2013 年「アイ・ディドント・ノウ・ホワット・タイム・イット・ワズ」、2015年「ディス・イズ・ニュー」、2020年「ノー・モア・ブルース」の8作品を発表している。

ジャズドラム
オンラインレッスン可
講師からのメッセージ

僕が感じるジャズドラムの楽しさを共感して貰える様なレッスンをモットーにしています。教える事は教わる事。レッスンを通じて僕自身も生徒さんと共にジャズドラミングの楽しさを一つ一つ再認識、再構築、再体感しながら、生徒さんの個性やレベルに沿ったカリキュラムを進めていきます。

レッスンは、初回のみ練習パッドで基礎練習、2回目からはドラムセットでグルーブ、コンピング、フィールインやソロの練習を音源などに合わせて、生徒さんと僕が交互に叩くといった内容になります。譜面も使いますが、僕の実感や経験を基にフィーリングや感覚を生徒さんに伝える様なレッスンをします。

 ジャズドラムを始めてみたい方、ジャムセッションでもっと楽しめる様になりたい方、プロのジャズドラマーを目指す方、既にプロとして活動中で更にジャズドラミングのレベルを上げたい方、皆さん大歓迎です。一緒に楽しくドラムを叩きましょう!