パーカッション科 岡部洋一プロフィール

1962年生まれ。
高校時代からパーカッションの演奏を始める。
大学在学中にブラジル音楽と出会い、卒業前からプロとしての活動を開始。ブラジリアンレストランでしばらく演奏したのち、いきなりおニャン子クラブの全国ツアーに参加。その後アイドル歌手のバックを多数つとめる。それとともにさまざまなジャンルのアーティストと共演するようになる。ジャズ系、ロック系のコンサートやライブハウスへの出演が増え、また来日ブラジル人ミュージシャンとの共演も多い。 もともと好きだったアバンギャルドな音楽を演奏する機会も多くなり、最近はどんどん深みにはまってゆく日々を過ごしている。
現在、トランスロックバンドとしてコアなファンをもつ「ROVO」や、「ボンデージ・フルーツ」、また16人編成のロックバンド、「ザ・スリル」のメンバーでもある。
おもな共演アーティストは、バーデン・パウエル、大貫妙子、ショーロ・クラブ、向井滋春、小野リサ、村田陽一、溝口肇、中西俊博、井上鑑、epo、酒井俊、城戸夕果、ホッピー神山、角松敏生等々。
2001年、初のリーダーアルバム「SATIATION」を、2007年にはソロ・パフォーマンスを収めた「感覚の地平線」をリリース。アグレッシブなプレイで心に火をつけるアーティスティックな打楽器奏者である。 

岡部洋一 webサイト

岡部洋一ライブスケジュール

動画検索サイト「YouTube」へ

案内書請求(無料)はこちら

岡部洋一Live at 横浜・ゲーテ座
at ゲーテ座

岡部洋一Live at横浜・ゲーテ座
at ゲーテ座

作品紹介

パーカッションレッスン講師 岡部洋一 作品 感覚の地平線

感覚の地平線 / 岡部洋一 2008年

1. Improvisation1(percussion solo)
2. Improvisation2(percussion solo)
3. Improvisation3(percussion solo)
4. Improvisation4(percussion solo)
5. Improvisation5(percussion solo)
6. Improvisation6(percussion solo)
7. Improvisation7(percussion solo)
8. Improvisation8(percussion solo)
9. Improvisation9(percussion solo)
10. Improvisation10(percussion solo)
11. Improvisation11(percussion solo)
12. Improvisation12(percussion solo)
13. お経とのコラボレーション「初夜礼讃」を引用

メンバー

岡部洋一(per)
福勝寺住職;黒田玲映(お経)
佐藤祐一(P)
五十嵐信介(G)
長野賢一(B)

パーカッションレッスン講師 岡部洋一 作品 SATIATION

SATIATION / 岡部洋一 2001年

1. アルミニウム前奏曲
2. RUBBERBALL BOYS
3. フォアグラシンセサイザー
4. THE TUBE
5. TEX Nox
6. LOVE,U.U.U. (URBAN UNDERGROUND UNITY)
7. koo-koo
8. BRAIN STIRRING AFRO-DRIVE
9. Pierre et Jean Pierre
10. ガラの晩餐
11. koo-

メンバー

岡部洋一(drums,percussion,synthesizer,samples,programming and bass)

Guest musician
鬼怒無月/guitar(M-5,8), synthesizer(M-3) and bell(M-10) 
勝井祐二/violin(M-5),synthesizer(M-5)
Yen-Chang /vocal(M-8)