ロックギター科 酒井泰三プロフィール

1982年プロとして活動を開始する。
1983年、古澤良治郎グループ(後のパパラッコバンド)に参加。

1984年より近藤等則「IMA」に参加し、翌年日本のバンドとしては、戦後初めて韓国に招待されソウルにて演奏。1986年からヨーロッパ、オーストラリア、アメリカ等18カ国の海外ツアーを行い高い評価を得、8枚のアルバムを発表する。

1993年には初のソロアルバム『EATJUNK』をワーナーミュージックジャパンよりリリース。

1994年、「de-ga-show」のメンバーに迎えられ、同バンドにて4枚のアルバムに参加。
その後現在に至るまで、山下洋輔、坂田明、板橋文夫、ジョンゾーン、一噌幸弘、レナード江藤など多くのミュージシャンとのセッションワークを行う。

1996年、自己のバンド「ELECTRIC NOMAD」を太田恵資、佐藤研二、佐野康夫らと結成。
2002年、ライブアルバム『JIRO BREAK AMPHEAD!』を自身のレーベル「NEXT GATE」より発表。
2004年には「三三五五」をDJ高田らと結成し、現在は高田ムネノリ・ナスノミツル・藤掛正隆を核にして活動中。
2005年、「三三五五」ライヴ二枚組CDR『舞・酔』とエレクトリックノマドの二枚目となるライヴCDR『無怒快楽』を発表する。

酒井泰三 Web site

案内書請求(無料)はこちら

酒井泰三Live at 横浜ストーミーマンデー
at 横浜ストーミーマンデー

酒井泰三Live at 高円寺ジロキチ
at 高円寺ジロキチ

作品紹介

ギター科 レッスン講師 酒井泰三 作品 エレクトリック・ノマド

LIVE JIRO!! BREAK AMPHEAD! / ELECTRIC NOMAD 2002年

1. GET TOUGH
2. WHAT CAN I DO?
3. DOWN BY THE SYSTEM
4. SATOH WA ROCK!
5. SHINJUKU-BOOGIE
6. OHTA NO TORUKO
7. BODY MUSIC

メンバー

酒井泰三(vo,g)
佐藤研二(b)
佐野康夫(ds)
太田惠資(vln)

ギター科 レッスン講師 酒井泰三 作品 EAT JUNK

Eat Junk / 酒井泰三 1993年

1. GESELLSCHAFT I
2. WHAT IS LIFE FOR YOU
3. HAPPY
4. おめでたや我国日本
5. GESELLSCHAFTII
6. TO−KYO
7. (I Want To Take You) HIGHER
8. WAITING FOR YOU
9. BODY MUSIC
10. GESELLSCHAFTIII
11. CRY
12. NATURAL
13. ERABIA
14. JAMMING
15. おめでたや我国日本(Single Mix)
16. IN A CAGE

メンバー

酒井泰三(vo,g)
松川純一郎(g)
山貫憲彦(key)
上村勝正(b)
佐野康夫(ds)
古澤良治郎(ds)

ギター科 レッスン講師 酒井泰三 作品 DEVOTION / Fernando Saunders 芳垣安洋

DEVOTION / Fernando Saunders 芳垣安洋

2005年